当社では主に以下の事業を柱に業務を行っております。

1 推進工事

推進工法は、掘進機の後続に既製の管を順次継ぎ足し、管列を推進することで、管きょを構築する工法であり、一般的に、開削工法に比べ路面を掘割ることが少なくなるため、工事占有面積の減少、騒音、振動、粉塵等工事公害の低減、交通や市民生活への影響の抑止等の都市環境対策に優れた工事を行っています。

詳細情報 施工実績

2 土木工事

道路、河川、砂防、法面保護、水道等の新設改良工事を行っています。

詳細情報 施工実績

管更生工事

都市のライフラインである管路には、老朽化や環境の変化によってひび割れや内部腐食等が起こり、機能低下や陥没等の危険性を秘めています。そこで開削工法による布設替えではなく、既設マンホール部分から古くなった管の中に新しいパイプを作る工事を行っています。

詳細情報 施工実績

立坑工事

立坑構築機はケーシング圧入機と掘削機が一体型で揺動式又は、全旋回式にて鋼製ケーシングを回転させ圧入し専用の掘削バケットはケーシングに反力を取るので、掘削力が大きく幅広い土質に対応しています。
また、普通土から硬質土・大深度まで対応出来、推進以外の立坑にも幅広く工事を行っています。

詳細情報 施工実績

注入工事

主として地盤中に薬液(セメント系)を注入して、地盤の透水性を減少させ、地盤の強化を図る地盤改良注入工事を行っています。又中込注入工事として、老朽化により、廃止になった管を、エアーモルタル・エアーミルクなどのセメント系で充填する注入工事を行っています。

詳細情報 施工実績

調査工事

地中にある管渠などをボーリングマシンを使い位置を特定する探査ボーリング工事、又TVカメラで管内に生じたクラックや破損個所、取付管部の不良個所を調査する工事を行っています。

詳細情報 施工実績

海外工事

推進工事を主として、ベトナム、ミャンマー国に機材を持ち込み現地法人や日本の建設会社と協力し、上下水道の布設工事を行っています。

詳細情報 施工実績

事業案内

pagetop