3 管更生工事 施工実績

複合管製管工法

工法 SPR工法・PFL工法
適用管径 φ600mm以上・矩形
概要 SPR工法は、硬質塩化ビニル製プロファイルを既設管内で螺旋状に巻回することにより更生管を製管し、既設管と更生管の間隙に特殊裏込め材を注入・硬化させ、既設管・更生管・裏込材の三者が一体となった強固な複合管を構築する工法です。
PFL工法は、高張力補強材(KBM)を既設管内にコンクリートアンカーにて設置を行い高密度ポリエチレン製のパネル・ライナーを設置し専用注入材にて裏込めを行い、強固な複合管を構築する工法です。

二層構造管 形成工法

工法 ポリエチレン・コンパクトパイプ工法・シームレスシステム工法
適用管径 φ200mm〜φ350mm
概要 ポリエチレン・コンパクトパイプ工法は、ドラムに巻いたC型形状の高密度ポリエチレン性のパイプを人孔より既設管内に引き込み、蒸気加熱と圧縮空気により円形に復元させ既設管に密着させ、老朽した既設管を更生する更生工法です。
シームレスシステム工法は、既設管内にメインライナーを引込み挿入し、圧縮空気でメインライナーを拡径します。管内に引き入れたUVライトトレインを走行させ、メインライナーに紫外線を照射して光硬化により既設管に蜜着させ、老朽した既設管を更生する更生工法です。

事業案内

pagetop